事業内容
自社開発(アイスイッチ)

できなかったことができる喜び

視線で操作するスイッチ

従来、コミュニケーション等の「操作支援スイッチ」には接点式、帯電式、光電式、呼気式、圧電素子式、風船式等が使われ、病状の進行や使う方の身体の機能に合わせた使い勝手等によりスイッチの種類を選択しますが、病状の変化等によりスイッチの買い替えがやむを得ないこともあります。

神経難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)等の進行性筋萎縮症は、経過的に動かそうとする筋肉が全て動かなくなりますが、目の動き(眼球や瞼)は最後まで機能していることが多くなっています。この目の運動機能を活用することにより、今まで受け身で待っていた方々が自発的に助けを呼び、身の回りにある機器の操作等が自らできる様になります。

できなかったことができる喜びのお手伝いができればと思い、「アイスイッチ」を開発しました。

アイスイッチならエンファシス
アイスイッチができること

様々な機器を操作できます

様々な機器を操作できます

アイスイッチはALS(筋萎縮性側索硬化症)等の四肢が不自由な方々や寝たきりの高齢者を対象にした装着物なしでも身近なものを操作できる、新たな入力方式の福祉用具です。

アイスイッチは、2014年に開催された国際福祉機器展が初出展になりますが、その後の様々な声を元に数々の改良を加えています。

主な改良点は、「設置、登録操作の簡略化(ファインダー、背面LEDの追加)」、「スマートフォン連携による通知機能」が挙げられます。今後もさらに改善されていくアイスイッチにご期待ください。

実用化支援決定

福祉系助成事業に採択されました

アイスイッチが、NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の福祉用具開発実用化支援 3テーマの内の1つに選ばれ支援を受けることが決定致しました。

2016年7月20日決定。

NEDO

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、日本のエネルギー・環境分野と産業技術の一端を担う国立研究開発法人である。

略称NEDO(ネド、New Energy and Industrial Technology Development Organization)。2003年10月に同名称の特殊法人より独立行政法人へと移行した。本部は神奈川県川崎市。

Wiki

News Release

NEDOに採択されました

様々な使い勝手を考慮

様々な使い勝手を考慮

アイスイッチの特徴:設置しやすくなりました

設置しやすくなりました
Easy to install

ファインダーから使用者の目を確認しながら、設置ができるようになりました。

アイスイッチの特徴:登録しやすくなりました

登録しやすくなりました
Easy to register

ブザーと背面にLEDを取り付けたことで視線の検知を確認しながら、登録ができるようになりました。

アイスイッチの特徴:離れた方を呼び出せます

離れた方を呼び出せます
Call from a distant place

スマートフォンで離れた場所にいる方をを呼び出すことができます。

アイスイッチの特徴:視線によるスイッチ操作

視線によるスイッチ操作
Switch with gaze

予め登録した視線を検知し、コール機器や環境制御装置を介してテレビや照明等やコミュニケーション機器の操作を行います。

アイスイッチの特徴:使いやすくコンパクト

使いやすくコンパクト
Easy to use and compact

身体への装着物は不要かつコンパクトなので、ベッドサイドなどに据え付けることができます。また市販のアームや三脚などの固定具が利用可能です。

アイスイッチの特徴:暗い中でも使えます

暗い中でも使えます
It can be used even in the dark

暗くなると目に見えない光を自動照射しますので、お部屋が暗い中でも利用でき、またお休みの妨害となりません。

様々な声を元に実証試験中です。

様々な声を元に実証試験中です。

申し訳ありませんが、現在「アイスイッチ」は実証評価中になります。

また、視線以外での操作等も検討、研究中により商品化時期が明確に決定しておりません。詳細仕様・販売価格等は決定次第発表致します。

※ 仕様・デザイン等はHPや展示会の展示品とは異なる場合があります。予めご了承ください。

アイスイッチについて

アイスイッチの特徴などの概要はこちら

詳細はこちら

お知らせ

アイスイッチに関するお知らせはこちら

詳細はこちら

使用方法など

アイスイッチの使い方や商品仕様はこちら

詳細はこちら

アイスイッチについてご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。